RobotBank > ニュース > 業界の動向 > ロボットが現場を変革 (AMR 自律走行型協働ロボット)

ロボットが現場を変革 (AMR 自律走行型協働ロボット)

ニュース 2024-01-16 402 次

ロボット技術が製造業界を大きく変革しています。この現象は「インダストリー4.0」として知られ、第4次産業革命の一環として各地で実現しています。製造現場では、ロボットが従業員と協力し、効率的な作業を行っています。これらのロボットには、アーム型から人型までさまざまな形があり、製品に合わせて動きを柔軟に変えることができます。この技術により「大量個別生産」が可能になり、継続的に高い効率で作業を行うことができます。また、これらの先進的な工場から得られる製造ビッグデータは、継続的な改善の源泉となっています。人とロボットが協力するこの新しい作業環境に、みなさんをご案内します。

工場ロボティクスにおいて、1つの主要なアプローチは、専用の解決策としてAGVの導入でした。ただし、より大きな全体像を詳しく見てみましょう。工場ロボットの一般的な見積もりでは、2 台のロボットのハードウェア費用はほんの一部で、その大半はハードウェア、ソフトウェア、およびサービス費用にかかっています。

RobotBankの工場用軽量搬送ロボットのご紹介します。

RobotBankの工場用軽量搬送ロボット効率性だけでなく手頃な価格も再定義するイノベーションです。当社の現在の価格設定は状況を大きく変えるものであり、業務の最適化を目指す工場にとってはお買い得なものとなります。この注目すべき価値提案により、当社のロボットはあらゆる側面で非常に競争力があります。

他社との区別するものは何でしょうか? 現在の AGV 製品とは異なり、当社のロボットは軽量で適応性があり、使いやすいように設計されています。私たちは複雑なシステムに縛られるという常識から脱却し、人間とロボットのインタラクションを重視します。消費者グレードのコンポーネントを使用することで、より高価な産業用コンポーネントに依存することが多い AGV との差別化を図っています。AGV は産業グレードの安定性と耐干渉性を備えていますが、多くの場合、コストは数倍高くなります。

AGV ロボットの販売として、私たちは直接競争するのではなく、その製品を補完する機会があります。当社の製品は、軽量で多様性の高いソリューションに対する重要なニーズに応え、既存の AGV セットアップとの共生関係を形成します。

当社は、業界の需要に合わせて工場ロボット ソリューションを進化させることに取り組んでいます。今後もさまざまな工場からの知見を蓄積し、製品の拡充を図ってまいります。私たちと一緒に工場ロボットの未来を受け入れましょう。一緒に環境に革命を起こし、効率、適応性、費用対効果の新時代を導入しましょう。

工場用搬送ロボットのお問い合わせはこちらへ

ダウンロード