RobotBank > ニュース > お知らせ > ロボットバンクが産業用自律走行搬送ロボット「StarLift150」と「StarMax200」を新発売!

ロボットバンクが産業用自律走行搬送ロボット「StarLift150」と「StarMax200」を新発売!

ニュース 2024-03-19 342 次

ロボットバンク株式会社は、製造業界および物流業界等向けに、最新の自動運転技術を駆使した革新的な産業用協働型自律走行搬送ロボット、「StarLift150」と「StarMax200」の販売を開始しました。これらの製品は、作業効率の最大化と安全性の向上を目指して設計されており、高度なAI技術と経路設計アルゴリズムが組み込まれています。

次世代AMRテクノロジーで業界の未来を切り開く

AMR(Autonomous Mobile Robots:自律移動ロボット)は、工場や倉庫など様々な環境で活躍し、搬送作業や在庫管理などのタスクを自動化します。ロボットバンクのAMRは、環境を認識し、障害物を回避しながら効率的に物を運ぶことができるため、作業の自動化を促進し、生産性と作業環境の安全性、効率性を高めます。

AMRは工場や倉庫での搬送作業や在庫管理を自動化し、マッピングされたエリア内を自律的に移動します。また、センサーやカメラを使い、障害物を避けながら効率的に物を運びます。ロボットバンクのAMRは最新の自動運転技術やAIと経路設計アルゴリズムを採用し、作業効率を飛躍的に向上させる一方で、リアルタイムモニタリングにより適切な判断を可能にします。これにより、生産性の向上と作業環境の安全性、効率性が促進され、人手不足や人件費増の対策としても活用できます。

また、後から複数のAMRを設置した場合にも、タスク制御システム(TCS)で統制することで、経路の再調整やタスクの自動生成を行い、混雑時の待機や再開をスムーズに行うことができるため、複数ロボット間の干渉を防ぎます。このシステムは、工場や倉庫などで複数のAMRを効率的に運用する際に力を発揮し、更なる自動化推進と持続的な使用台数の拡充にも対応でき、臨機応変な合理化や効率化へ繋がるでしょう。

「StarLift150」: 昇降機能付きで幅広い搬送ニーズに対応

「StarLift150」は、昇降機能を備え、自動的に荷物を持ち上げ目的地まで運ぶことができるため、手動での荷物移動が不要になります。これにより、倉庫や工場での搬送作業の自動化が可能となり、精密部品から一般的な製品まで様々なニーズに応えるソリューションを提供します。

「StarMax200」: 大型荷物の搬送を安全かつ効率的に

一方、「StarMax200」は、より大きなシャーシを使い、大型荷物を効率的に運ぶことができるよう特別に設計された頑丈なサービスロボットです。最大200kgの積載が可能で、倉庫や工場からホテルまで、幅広い分野での業務効率化に貢献します。

協働で未来への一歩を

ロボットバンクは、人とロボットが協働する環境を創出し、少子高齢化による労働力不足といった課題に対応するソリューションを提供しています。人々が幸せに生活できる社会を目指し、持続可能で効率的な未来を実現するための製品開発に注力しています。

未来志向の製品開発

ロボットバンクでは、「社会が進歩し、人々が幸せになるために」をモットーに製品開発を行っています。日々の暮らしの中での気付きや、お客様の声から生まれる製品を通じて、快適な日々と地球環境の保護に貢献していきます。

これまでに発売を開始した商品例

・夜間に無人清掃を実現するスマート清掃ロボットの動画はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=mzAwnQ4fq8Q
・全国238か所のアフターフォロー網の構築
https://www.robotbank.jp/solution/125.html

ダウンロード