RobotBank > ニュース > ブログ > 新しい産業革命に期待できる【Chat GPT】

新しい産業革命に期待できる【Chat GPT】

ブログ 2023-02-17 1,246 次

ChatGPTには強力な機能があり、継続的な質問に回答したり、自分の誤りを認めたり、不正確な仮定を疑問視したり、合理的でない要求を拒否したりすることができます。身元を事前に明らかにしなければ、普通の会話であっても、ChatGPTが機械であることに気づかない可能性があります。
ChatGPTのパフォーマンスは、私たちがSF作品で描かれている真偽難辨の知能AIを思わせます。まだ初歩的な段階ではありますが、多くの面で制限がありますが、最も困難な最初の一歩を踏み出しました。
将来、人型ロボットとChatGPTの組み合わせにより、「知能」の人型ロボットが産業生産や商業サービスで加速的に応用され、新しい産業革命をもたらすことが期待されています。

ChatGPTによる人型ロボットの認知能力の向上

人型ロボットの核心技術モジュールは、知覚システム、知能AIシステム、動作制御システムの3つに分けられます。最近、これらの3つの核心モジュールは、大きな進展を遂げています。
感知システムは、人の五感のように、外部データの収集を担当し、現在はカメラ、レーザーレーダー、3Dビジョンなどの多くのセンサーで構成されています。これは最も成熟したシステムであり、自動運転車のように、各種センサーにより外部世界を非常に精密に識別することができ、商業化されています。自動運転車も実質的にロボットです。
先前、ボストン・ダイナミクスが公開した人型ロボット「アトラス」の動画が話題となっています。動画には、アトラスが自在に動き回り、スクワット、ジャンプ、バク転なども余裕でこなし、更に地面から工具を拾ってスタッフに投げ渡す様子が映し出され、高い運動制御能力が見て取れます。
そして最後に、人類の脳のような役割を果たす、最も複雑な部分である「知能AIシステム」についてです。しかし現在、ChatGPTが私たちに明るい光を見せてくれています。Transformerアーキテクチャに基づいた強力な言語モデルであるChatGPTは、卓越した言語理解能力と対話生成能力を持ち、ChatGPTを搭載した人型ロボットは私たちとスムーズにコミュニケーションを取ることができるようになることを意味します。
一部の機関は、ChatGPTが次のターニングポイントをもたらす可能性があると指摘しており、人型ロボットは多目的で汎用性の高いロボットプラットフォームとして、ChatGPTに類似する人工知能によって、工業生産や社会サービスなど、さらに多くの領域での応用シーンを開拓することができるかもしれません。
ChatGPTは、自然言語の理解と生成において高い性能を持つAIである。一方、ロボットは、感知、制御、行動などの要素を持ち、様々な場面で人々の生活を支援している。ChatGPTとロボットが結合することで、今後、どのような機能的な拡張が見込まれ、人々の生活にどのような影響を与えるのだろうか。
まず、ChatGPTとロボットの結合によって期待される機能的な拡張について考えてみよう。ChatGPTの自然言語の理解と生成の能力をロボットに組み込むことで、ロボットのコミュニケーション能力が大幅に向上することが期待される。例えば、人形ロボットが高齢者や障がい者の介護に活用される場合、ChatGPTを搭載することで、ロボットがより自然な言葉で対話し、より的確な支援を行うことが可能になる。
また、ChatGPTのような自然言語処理技術をロボットに応用することで、ロボットがより複雑なタスクにも対応できるようになることが期待される。例えば、工場などでの自動化において、ロボットがより複雑な指示を理解し、より高度な制御を行うことが可能になる。
一方、ChatGPTとロボットの結合が人々の生活に与える影響について考えてみよう。まず、人々の生活がより便利になることが期待される。例えば、自宅の掃除ロボットが、自然な言葉で指示を受け、より的確な場所を掃除することができるようになる。また、介護ロボットがより自然な言葉で対話し、より的確な支援を行うことができるようになる。
また、ChatGPTとロボットの結合が人々の生活に与える影響として、人と機械との距離感の変化があげられる。

「私たちのRobotBankは、この分野の技術開発により社会により多くの支援を提供できることを望んでいます。」

ダウンロード