RobotBank > ニュース > 業界の動向 > 「2022年中国サービスロボット業界調査報告」① 

「2022年中国サービスロボット業界調査報告」① 

業界の動向 2023-02-10 321 次

ロボット領域に貢献することができると考え、「2022年中国サービスロボット業界調査報告」を作成しました。

「2022年の中国のサービスロボット業界の研究レポート」は、現在の中国のサービスロボット業界の概要と将来の可能性に焦点を当てた重要なレポートです。中国のロボット企業は独自の研究開発により、柔軟な関節技術に関して大きな進歩を遂げ、サービスロボットの発展に強力な動力をもたらしています。さらに、サービスロボットに有利な政策が順次発表され、業界の発展に強力な支援と指導を与えています。
このレポートは、将来のサービスロボット業界に関する最新の予想や分析、現在の業界状況などを網羅的に解説するものです。このレポートは、サービスロボット業界に興味を持つ方々にとって非常に有益な情報源となることでしょう。

趙 徳鵬

現状:

「サービスロボットが最近ブームになっている理由は、技術の進歩です」

「5G」、「人工知能」、「新しい材料」、「柔軟な関節」などの技術の進歩により、サービスロボットは「機能」から「知能」に進化することができました。現在、サービスロボットは成熟し、「知能化レベル」と「柔軟なサービス能力」が2つの主要な技術能力です。

  1. 知能化レベル。過去は知能レベルの制限により、サービスロボットは固定のタスクにしか従事することができず、環境に適応することはできませんでした。しかし、現在は「5G」、「新しい材料」、「高精度制御」、「ソフトウェアアルゴリズム」の継続的な進歩、「深層学習」、「シーン認識」、「人工知能」との「インタラクション」、「推論認識」などで人工知能技術が加速することにより、サービスロボットの知能化レベルが大幅に向上しました。現在、単一の機能のサービスロボットは、多様なモードを持つ「知能サービスロボット」によって置き換えられつつあります。
  2. 柔軟なサービス能力。従来のサービスロボットは主に車輪を使って移動する形態でしたが、単純なインタラクションだけができました。しかし、柔軟な手腕を持っていないため、人間のようにサービスを提供することはできませんでした。サービスロボットに「柔軟な手腕」を持たせ、複雑な合成動作を実現するためには、「知能的で小型化された高強度の柔軟な関節」が必要です。

記事は連載形式です

Robotbankをフォローしていただきありがとうございます。」

ダウンロード