RobotBank > ニュース > 業界の動向 > NASA が支援するヒューマノイドロボット

NASA が支援するヒューマノイドロボット

ニュース 2023-02-09 729 次

NASA は、Apptronik の Apollo が宇宙に行けるヒューマノイドロボットの開発に向けて導いてくれることを望んでいます。

数年前,人型ロボットの開発がすごい進歩を見せています。昨年には、Elon Musk と Tesla が Optimus ロボットを発表しました。また数ヶ月に一度、Boston Dynamics は Atlas ロボットに新しいトリックを教えます。来月の South by Southwest では、テキサスのスタートアップが一般目的のロボットを小さなグループに発表する予定です。
Apptronik は NASA との商業化のロボットパートナーシップの一環として、最新のロボットを Apollo と呼んでいます。Apollo を宇宙に送る計画はありませんが、宇宙機関は将来的にロボット宇宙探査機に繋がる人型ロボットの開発を奨励したいと考えています。Apollo の公式画像はまだ見られませんが、Apptronik はここ数週間、Apollo のデザインに貢献したプロトタイプロボットのいくつかを紹介するビデオを公開しています。

「Apollo は私たちが常に作りたかったロボットです」と CEO Jeff Cardenas は CNET に語りました。「私たちは人間の形に合った世界をデザインしました。人間と同じ足跡を持つ、人間と同じツールを使える、同じ場所に入ることができるロボットは、非常に有用です」。Apollo についてもっと知りたい方は上のビデオを見て、Cardenas の話を聞いてください。Cardenas は、Apptronik は今年後半に Apollo を公開し、予約を受け付け始める予定です。彼は最初の納品が 2024 年になると予想しています。

ダウンロード