1台当たり99万円で使える配膳ロボット「RomibotS1」 9月30日発売開始

労働人口減少により労働力の不足がサービス業界を中心に発生しています。その代替として配膳ロボットが活躍する姿が目に付くようになってきました。しかし、その価格は200万円~300万円で使って見たいが費用が高くて使えない。そうしたお客様向けに今回高精度位置決め機能、自動充電機能など性能は保持した形で本体価格100万円(税別)の大台を切った形で配膳ロボットをご提供いたします。
社会がより進歩するために、人々がより幸せになりために、をモットーに活動するロボットバンク株式会社(本社:東京都中央区、代表:趙 徳鵬)は、2022年9月30日(金)より、外食産業やホテル業界の人手不足を補うために導入しやすい価格で「Romibot S1」の販売を開始いたします。
配膳ロボットは良い商品だと理解していても、高すぎて導入できない。導入までの設置工事が大変、自分たちで操作・管理できるのだろうか?そうした不安を払拭し、ローコストに配膳ロボットをご活用頂く事で働きがいのある職場環境の実現を目指します。今回は第1弾としてコストを重視した配膳ロボットをご準備いたしましたが、この他にもお客様のニーズに合わせて4種類のラインナップを用意しています。【URL】https://www.robotbank.jp/sample-post1/