RobotBank > ニュース > お知らせ > サービスロボットとは?〈第一弾〉 産業用ロボットとサービスロボットの違い

サービスロボットとは?〈第一弾〉 産業用ロボットとサービスロボットの違い

ニュース 2023-01-24 1,001 次

ロボットは、産業用ロボットとサービスロボットの2種類大別される

ロボットは世界中で色んな局面において活躍しています。工場で活躍するロボットもあれば、商業施設で活躍するロボットもあります。 また、近年活躍しているのが、建設現場や災害現場など、インフラの整備が不十分な場所でも活躍できるロボットです。東日本大震災の時にはロボットが原子力発電所の中を無人で調査した事例も出てきています。また、家庭で使う趣味、嗜好型のロボットも近年では市場が構成されつつあります。中でもペット型のロボット市場が大きくなってきており一定の市場規模まで成長してきており一般家庭にもロボットが普及するようになってきました。

Cloud computing concept. Communication network. Smart city.

 このように、様々な種類があるロボットですが、大きく分けて2つのカテゴリーに大別されています。1つが産業用ロボットと呼ばれ、人の代わりに工場などで部品の組み立てなどを行う事ができるロボットです。厳密にはティーチングプレイバック方法で動作する産業用の機械ですが、近年ある程度自律的に動作する人間の腕に似た部分を持つ装置として、解釈される事が一般的ではあるが、国際標準化機構(ISO)では「3軸以上の自由度を持つ、自動制御、プログラム可能なマニピュレーター」と規定されています。

もう1つがサービスロボットです。 サービスロボットは文字通りサービスを提供したり、趣味・嗜好型の家庭用のロボットなど産業用以外のロボット全般を指す事が多いです。ただし、明確な定義があるわけではありません。

 日本では、もともとはSF上の概念だったロボットが1960年代頃以降は技術的に実現可能になり、1970年代から1990年代はコンピュータ技術、メカトロニクス技術、画像認識技術などの向上とともに進歩し、さらに2010年代からは(新世代の)AI技術を搭載したことでますます人と代替えが可能なサービスロボットが数多く登場しています。

産業用ロボットが開発され工場等で活躍が始まります。その後高度成長期の日本のロボット産業は自動車産業や電機・電子産業の発展と共に成長を遂げ、日本がロボット大国と呼ばれるまで成長しました。パナソニックが2019年に発表した最新の研究成果では、利用者が特殊なメガネをかけると、目の動きと口での指示で身体に装着した「第3の手」と呼ばれるロボットアームを操作したり、ロボットソフトウエア企業MUJINが開発した3Dスマート認識システムは、パレットの中からロボットが必要な物を迅速に識別して選び出す事ができます。そうした先端技術を下に、現在でも世界各国で日本の産業用ロボットは注目されており世界で高いシェアを維持しています。

産業用ロボットの中で、最も主流となっているのが、垂直多関節型ロボットと呼ばれるロボットです。 人間の腕のような構造で、自在にものをつかむ、運ぶ、組み立てるなどの作業を行うことができます。

次にサービスロボットですが、屋内用のロボットと屋外用のロボットに大別できます。 屋内用として配膳、清掃、警備、案内、消毒などの業務を行うロボットなどがあり、商業施設や駅などで見かける機会も多くなってきました。また、屋外用ロボットとしては農業用ロボットや災害対策ロボット、建設ロボット、移動ロボット、ドローンなどがあります。

産業用ロボットとサービスロボットの明確な違いはロボットの活用される用途と場所です。産業用ロボットは先ほどの通り工場など産業の自動化を目的として導入され、それ以外の場所で使用されるロボットがサービスロボットで、主に人が行う動作や作業を支援するロボットのことを指します。

また、この他に業界に特化したロボットとしては例えば医療業界では、手術ロボットの普及も進んできています。家庭用のロボットは、お掃除ロボット、ペットロボットやセラピーロボットなど、多くのロボットが登場しています。


これまでの商品例と今後の展望 ―人とロボットが協働できる社会の実現を目指して―


前述の通り、当社では「社会がより進歩するために、人々がより幸せになりために」をモットーに、ものづくりに励んできました。「当たり前に思っているけれど、本当はこれって人が幸せに暮らすために改良が必要ではないだろうか」「この不便を解決したら、同時に環境問題や社会課題の解決にもつながるのでは」。そんな日々暮らす中での社員の気付きやお客様の声が、商品につながります。当社の商品を使うことで日々が快適に、その結果、地球のためにもなっている。そんな一石二鳥な商品をこれからも作り続けます。

これまでに発売を開始した商品例

・ついに登場!!100万円を切る価格帯で導入できる配膳ロボット

https://www.robotbank.jp/product/350.html

・無人でのビルやマンション、オフィスなどの掃除を実現した  T1

https://www.robotbank.jp/product/13.html

 

ダウンロード