RobotBank > ニュース > 業界の動向 > 業務用清掃ロボット導入のメリットー【コスト削減】について

業務用清掃ロボット導入のメリットー【コスト削減】について

ニュース 2024-05-23 225 次

はじめに

本記事では、業務用清掃ロボットの導入によるメリットについて詳しくご紹介していきます。清掃業界における先進技術の進展を一緒に確認していきましょう。

業務用清掃ロボットとは?

業務用清掃ロボットは、商業施設やオフィス、工場などで使用される高性能な自動清掃機器です。これらのロボットは、以下のような多様な機能を備えています:

● 自動プログラミング:事前に設定されたルートに従って効率的に作業を行います。

● 高性能センサー:障害物を避けながら正確にゴミを回収します。

● リモート操作:スマートフォンやタブレットから遠隔で操作可能。

この記事では、特に次の5つの観点から業務用清掃ロボットのメリットについて解説します:

1. コスト削減

2. 時間効率化

3. 清掃品質の向上

4. 作業環境の改善

5. 労働安全性の向上

RobotBank社が提供する製品例として、KIRAキラキラ, PIKAピカピカ,PUDU CC1, などがあります。それぞれが異なるニーズに応じた特長を持っており、多様な業種で導入実績があります。

1. コスト削減について

業務用清掃ロボットの導入は、コスト削減に大いに貢献します。特に以下のポイントで効果を発揮します。

1.1 運用コストの削減

メンテナンス費用の削減

業務用清掃ロボットは、高度な技術と耐久性を持っており、長期間安定した運用が可能です。これにより、頻繁な修理や部品交換が不要となり、メンテナンス費用を大幅に削減できます。例えば、KIRAキラキラ, PIKAピカピカなどの製品は高性能かつ信頼性が高く、メンテナンス頻度を抑えられる設計となっています。

消耗品の使用量低減

従来の清掃機器では消耗品(例:フィルター、ブラシなど)の交換が頻繁に必要ですが、業務用清掃ロボットはその点でも優れています。多くのモデルには再利用可能なフィルターや長寿命のブラシが採用されており、消耗品の使用量を大幅に低減します。

1.2 人件費削減への貢献

業務用清掃ロボットのコスト削減において、人件費削減は重要な要素です。業務用清掃ロボットが持つ自律的な運用能力は、人員配置の最適化と労働時間の削減に大きく寄与します。

人員配置の最適化

清掃業務には多くの人手が必要ですが、業務用清掃ロボットを導入することで、この問題を解決できます。たとえば、広い施設や複雑なレイアウトを持つ建物では、人手での清掃に時間と労力がかかります。こうした場面でロボットは効率的に作業をこなし、人的リソースを他の重要なタスクへ振り分けることが可能です。

● RobotBank社シリーズのKIRAキラキラ, PIKAピカピカなどは、高度なセンサー技術とマッピング機能を備えています。これにより、障害物を回避しながら効率的に清掃ルートを設定し、人員配置の最適化に貢献します。

● 清掃ロボットが稼働することで、従業員はより専門的な業務や顧客対応に集中できます。これにより、サービスの質も向上し、全体的な業務効率が高まります。

労働時間の削減

労働時間の短縮もまた、業務用清掃ロボットがもたらす大きなメリットです。人手による清掃は長時間を要することがありますが、ロボットなら迅速かつ正確に作業を終えることができます。

● 自動プログラムによる効率的な移動と作業範囲の高速カバーは、労働時間短縮に直結します。

● 非稼働時間帯での作業実施も可能です。夜間や週末など、人手が少ない時間帯でもロボットは休むことなく稼働します。その結果、人間が対応できない時間帯にも清掃活動が行われるため、総合的な労働時間が削減されます。

このようにして、業務用清掃ロボットは運用コストだけでなく、人件費にも大きく寄与します。次はその具体的な方法についてさらに掘り下げて解説します。

続きは第2弾へ

 

ダウンロード