RobotBank > ニュース > お知らせ > ロボットバンクが語るAMR自律走行搬送ロボットのアルゴリズム

ロボットバンクが語るAMR自律走行搬送ロボットのアルゴリズム

ニュース 2024-03-29 245 次

近年、自動化技術は産業界において革新的な進展を遂げています。その中でも、自律走行搬送ロボットは工場や倉庫での効率的な物品の搬送や運搬に革命をもたらしています。このような自律走行搬送ロボットの開発において、アルゴリズムの進化は不可欠な要素です。

以下では、ロボットバンク社のAMR自律走行搬送ロボットに組み込まれた高度なアルゴリズムについて紹介します。

  • 多センサーデータ融合による位置決めの精度向上: AMR自律走行搬送ロボットは、ナビゲーション、位置情報、障害回避などの主要な機能は、単一のセンサーに依存するのではなく、複数のセンサーからのデータを統合して動作を制御しています。レーザー、深度センサーに加えて、IMU(慣性航法装置)、車輪速度計、RGBカメラ、超音波センサーなどが活用され、位置決めの精度を高めています。
  • 特徴距離に基づく干渉回避アルゴリズム: 強い光線などの特殊な状況下でも、レーザーセンサーがその干渉を克服するため、その光の特徴を捉えるアルゴリズムを独自開発し、カルマンフィルターなどのデータ処理アルゴリズムと深層学習(Deep Learning)を組み合わせ、深層学習モデルをトレーニングして干渉をフィルタリングし、環境の正確な認識を実現しています。
  • リアルタイム位置補正: 人為的なロボットの位置変更や電源オフ後のロボットの位置変更などにより、決めた位置にズレが生じた場合でも、ロボットバンク社はリアルタイムで位置補正アルゴリズムを適用します。機械学習(Machine Learning)モデルの特徴点マッチングやLightFlowなどの手法を活用し、迅速かつ正確な位置補正を行います。

これらのアルゴリズムにより、AMR自律走行搬送ロボットは高精度で安定した動作を実現し、工場や倉庫の効率化に貢献しています。ロボットバンクのAMR自律搬送ロボットは、道路走行用の自動運転技術の各種技術を室内用ロボットにも活用し、先進的なハードウェアとソフトウェアを組み合わせ、より高度な自律走行搬送ロボットをご提供することが可能となりました。

未来志向の製品開発

ロボットバンクでは、「社会が進歩し、人々が幸せになるために」をモットーに製品開発を行っています。日々の暮らしの中での気付きや、お客様の声から生まれる製品を通じて、快適な日々と地球環境の保護に貢献していきます。

無料トライアル実施中!!!

当社の最新製品をお試しいただける無料トライアルを実施中です!
新しい搬送ロボットの機能やサービスを体験してみてください。

これまでに発売を開始した商品例

・AMR 自律走行搬送ロボット StarShip-Robotはこちら

https://www.robotbank.jp/product/1796.html

・全国238か所のアフターフォロー網の構築

https://www.robotbank.jp/solution/125.html

ダウンロード