RobotBank > ニュース > 業界の動向 > ChatGPT-4の登場によって、AIのますます強力な存在に私たちはどう対処すべきか、どう考えるべきでしょうか?

ChatGPT-4の登場によって、AIのますます強力な存在に私たちはどう対処すべきか、どう考えるべきでしょうか?

業界の動向 2023-03-17 842 次

3月15日、OpenAIは大型マルチモードモデル「GPT-4」をリリースしました。OpenAIによると、GPT-4は、画像とテキストの入力を受け取り、テキストを出力する大型マルチモードモデルであり、さまざまな専門分野や学術基準で人間と同等のパフォーマンスを発揮することができます。多くの人々は、新しいバージョンを試した後、「ChatGPT」のGPT-3.5よりも遥かに強力であり、AIに対する認識を再び更新したと言われています。

GPT-4は「抽象」をより理解できるようになった インターネット上では、多くのユーザーがChatGPTの進化に興奮しており、同時に懸念も抱いています。GPT-4は高度な推論や複雑な指示の処理能力が強化されており、また、より多くの創造性を持っています。OpenAIは、いくつかの使用例を示しており、画像の内容を説明したり、グラフを分析したり、画像内の問題に答えたり、画像内の異常な部分を見つけ出したりすることができると述べています。

OpenAIの公式ビデオでは、GPT-4がスケッチを通じて、これがウェブサイトに関するものであることを認識し、その後、そのウェブページを構築するためのすべてのコードを「簡単に」生成する様子が見られます。数秒で、ウェブサイトが完成します。
GPT-4のもっと面白いところは、人間のユーモアを理解できることです。公式の例では、VGAケーブルが携帯電話の充電ポートに接続された絵を入力すると、GPT-4は絵の内容を説明するだけでなく、この絵に何がおかしいのかを指摘し、「この絵のユーモアは、過去の大型のVGAコネクタを小型の現代的なスマートフォンの充電ポートに挿入することから生まれます。」と述べました。

AIが強力になったことで、私たちはより楽になるのか、それとも焦りを感じるのか?

「アルファ碁」が有名になって以来、人工知能はまるでチートのように、急速に発展を遂げています。世界中のメディア企業が人工知能を使用して、ニュース編集部の負担を軽減しようと試みているということで、機械記者が高品質のコンテンツ制作者に取って代わる可能性があるという懸念があります。この点について、専門家は、「ストーリーテリングに必要な情報を持っていなければ、AIは高品質の作家に代わることはできません。」と指摘しています。最近注目されている「AI画」についても同様です。しかし、より重要なのは、AI画は深層学習に基づいており、さまざまなデータを統合して、継続的に「餌付け」された結果、絵画制作を行っています。このため、著作権争議が発生する可能性があります。

人工知能は汎用的な技術と普及技術の両方の属性を持ち、第四次産業革命の中心エンジンとして、広範囲にわたるエンパワーメントを通じて経済社会の包括的な発展をリードしています。一方、ネットワーク基盤やスマートデバイスの普及に伴い、人工知能は社会のすべてのメンバーにエンパワーメントを提供し、より公平な教育機会や起業・雇用機会を創出し、可能性のある「デジタル・ディバイド」を「デジタル・ディバイデンド」に転換することができます。

人工知能技術の発展に伴い、囲碁からeスポーツ、絵画産業まで、AIが改造する産業や置き換えられる職種がますます増えていくでしょう。今私たちがするべきことは、開放的で包容的であることに加え、法律や倫理などの問題について迅速に調整し、この変化に備えることです。

ダウンロード