2022年国際ロボット展東京ビッグサイトで開催、ロボットバンクはサービスロボットゾーンに参加する

国際ロボット展は、1974年に初開催し、以降2年に一度の開催で、今回で24回目を迎える。前回(2019年)の出展者数は637社・団体、出展小間数は3,060 小間の過去最大規模となり、海外出展者は16カ国、95社・団体に増加。総来場者数は14万人を超え、64カ国から約7,000人の海外来場者が訪れる“世界最大規模のロボット専門展”として高く評価されている。

ロボットがつなぐ人に優しい社会

「2022国際ロボット展」は、「ロボットがつなぐ人に優しい社会」をテーマに、人とロボットが共存・協働する社会を目指して開催。会期中は、国内外より最先端のロボットが展示されるほか、AI、ICT、要素技術などロボットに関わる高度な技術が一堂に展示される。また、今年はハイブリッド展(オンライン会場+リアル会場)として開催される。

最先端ロボット技術・製品の集結と多彩な併催企画

国内外のロボットメーカーおよびロボット関連企業の最新技術・関連製品を一堂に展示し、新規ビジネスに直結する商談が行われます。国際フォーラムや出展者セミナーなど、多彩な併催企画が連日開催され、最先端ロボット・テクノロジーを世界に発信する。

ロボットバンクは

ロボットバンク株式会社は2022年3月9日(水)から12日(土)まで、東京ビッグサイト(東京都江東区)にて開催されるロボット専門展「2022国際ロボット展」サービスロボットゾーンに出展します。弊社の専攻は配膳と掃除型のロボットになり、中国の大手ロボット企業からハイ・テクノロジーを持ち、精度高いのサービスロボットを提供する。そこでも多くの企業から注目を集め、本当に必要とされていることを実感した。これから人々の生活にロボットがいることが当たり前になる中で、私達ロボットバンクはテクノロジーとロボットを通じ社会の進歩発展に尽力、相互尊重、人々の生活の幸せの支えとなる会社を基本理念として忘れずに、より良い未来を創って行く。


コロナ禍にもかかわらず、多数の方にご来場いただき大変ありがとうございました。

介護・福祉、農業、インフラ対応、教育まで幅広いサービスロボットゾーン

サービスロボットゾーンでは、介護・福祉、インフラ・災害対応、教育、食品など社会で活躍する最新のロボットを展示する。NEDO ブースでは、開発を進める最新のロボットやドローンの展示の他、農林水産省ブースでは、スマート農業に関わるロボットの合同展示を行う。また、2021 年に開催された「World Robot Summit(WRS)」(主催:経済産業省、NEDO)の企画エリアでは、競技会に参加した優秀チームによる競技デモや操作体験を行う。