メタバース/デジタルツイン基盤「NVIDIA Omniverse」約700社の大手企業が既に使用 開発者フレームワーク等のアップデートを発表

NVIDIAは、カナダ・バンクーバーで開催された国際会議「SIGGRAPH」にて、Universal Scene Description(USD)に基づきメタバース ワールドを構築および接続するためのプラットフォームであるNVIDIA Omniverse用の新しい一連の開発者フレームワーク、ツール、アプリ、およびプラグインを発表した。

Omniverseの拡張には、アーティスト、開発者、エンジニアが仮想世界とコンテンツをこれまでになく簡単に構築するためのAIを活用したツールが含まれ、PTC Creo、SideFX Houdini、Siemens Xceleratorプラットフォームのソリューションなどの今日の主要な3Dアプリケーションにシームレスに接続する機能を特徴としている。